介護保険・障害福祉サービス事業所 元氣のたね

運営:合同会社 FERTILE-SOIL 098-989-7345 〒904-2161 沖縄県沖縄市古謝2丁目27-17

元氣のたねブログ

  1. ホーム
  2. 元氣のたねブログ

2019.07.09 「介護の専門性」について

合同会社フェローソイル スマイルプラン元氣のたね 桑江 貴英

 

 こんにちは、介護支援専門員(ケアマネジャー)の桑江です。私はケアマネという仕事をしながら、職能団体である沖縄県介護福祉士会の理事をさせていただいています。
今日は「介護の専門性」について少しお話したいと思います。

 

 介護というお仕事について、私たち介護福祉士が行う介護と、ご家族や家政婦が行う介護の違いは何でしょう?。確かに資格がなくても、おむつ交換や食事の介助は誰でもできます。介護はもともと家族が担っていましたが少子高齢化の進展や時代背景の変化、家族のライフスタイルの変化から、介護を社会で支えましょうと
1987年「介護福祉士国家資格」が誕生し、2000年には「介護保険制度」がはじまりました。

今、介護現場で働いている介護福祉士は、福祉系高校の卒業生や養成校(専門学校)2年過程、または実務経験3年を通して必要な知識やスキルを身に着け、介護福祉士国家試験を合格した者たちです。

私たちが行う介護は「お世話」ではなく「介護サービスの提供」と考えています。

 

私たちは、利用者の老いによる衰え、疾病や障害があることによって生じる生活上の困難や不便を少しでも解消し、その人が望む暮らしの実現に向けて介護を行います。
介護には原則があり、まず最初に安全・安楽です。介護実践(介護技術)は危険であってはいけません。必ず利用者様の安全安楽を最優先に考えます。

次に自立支援の視点です。私たちが介護サービスを提供することで利用者が自立した暮らしを継続できるようになることが大事です。
最後に尊厳の保持を順守します。利用者一人ひとりの人権を守り、高い倫理観をもって接することを大切にしています。

この介護の原則を守りながら、利用者様が「なぜその介護(介助)を必要とするのか」ということを考え、意図的に介護サービスを提供します。看護師やリハビリ職は医師の指示のもとに支援をされますが、介護福祉士は利用者様の「望む暮らし「ありたい姿」などの思いを達成できるように支援することが、私たちの支援の根拠となり介護の本質といわれるものです。

最後に、介護は一人で抱えるものではありません。利用者、ご家族を含めたチームで支援します。身近に介護で困っている、また負担になっていると思われる利用者、ご家族などおられましたら、ぜひ「介護のプロ」に相談していただければと思います。


介護保険・障害福祉サービス事業所 元氣のたね 運営:合同会社 FERTILE-SOIL

法人名
合同会社 FERTILE-SOIL
所在地
〒904-2161
沖縄県沖縄市古謝2丁目27-17
TEL
098-989-7345